2017年の運勢(概観)

 


総合運概観金運概観恋愛運概観

2017年の概観

※2017年の総合運、恋愛運、金運を読むには、下にあるあなたの星座をクリックしてください。

2017年には、木星と天王星のオポジション(180度の角度)が天空全体に魔法をかけます。木星と天王星は、自分たちにならって冒険に乗り出すよう、私たちに誘いかけるでしょう。今年、木星と天王星はともにダンスを踊ります。年明けに私たちがこのダンスに加わるころ、バンドの演奏はすでに最高潮に達しているはず。新年早々に音楽が演奏されるので、あなたのつま先はそのリズムに合わせて自然にタップを踏み始めるかもしれません。新年は幸先のよいスタートを切るわけです!

木星と天王星のダンスはエネルギッシュで、ちょっぴり風変わりな振付が施されています。しかし、それはショパンの『子犬のワルツ』ではありません。この曲は『一分間のワルツ』という愛称でも親しまれているのですが、一分間ではなく二分足らずで終わる短い曲なのです。しかし、木星と天王星のダンスは一年の長丁場になります。二つの星が前進したり、後戻りしたりして、三回にわたり12宮上で向かい合うわけです。これらのオポジションにはそれぞれ独自の持ち味があります。というのも、その他のダンサー(惑星)が天界のダンスフロアに独自の個性を持ち込んで、ダンスを彩るからです。

年初めに、冥王星が木星および天王星とTスクエア(二つの星がもう一つの星とそれぞれ直角をなすこと)を形成します。冥王星は重厚で、変化を起こすパワーを秘めた星。このダンスでは、冥王星が存在感を放つということです。続いて3月になると、木星と天王星は再びオポジションを形成するのですが、その際、火星が天王星と一列に並びます。その一方で、太陽と海王星が直列します。これらの星位が相まって、「どのルールを破ることができるか」という疑問に答えを出すことができるでしょう。そのルールを破ることによって、ほとんど実現不可能に思える夢をかなえることが可能になります。

木星と天王星が三度目にして最後のオポジションを形成したら、非常に大きな影響が私たちに及ぶでしょう。かくも強い力を秘めた星位は、この後しばらくありません。次にこの星位が起きるのは2020年代半ばのことになります。ともかく、三度目のオポジションとともに、火星と金星の直列が起きます。これらの星位は、自分の理想を追求するよう私たちに促すでしょう。

今年展開する物語は紆余曲折に満ちています。それは「変身・超越・出現」をテーマにした物語です。途中で不安を覚えることがあるかもしれません。ショックを受けたり、新たな発見をしたりすることも何度かあるかもしれません。難しい決断を下す必要に迫られることもあるでしょう。しかし、後で振り返ったら、年初めのあなたはまるで毛虫のように見えるかもしれません。なぜなら、2017年という繭から出たあなたは、あたかも蝶のように自由に飛び回ることができるからです。

2017年のあなたの金運

今年、一連の「木星と天王星のオポジション(180度の角度)」が完結します。これは歴史的な星位であり、世界中に強い影響を及ぼすでしょう。一つ一つのオポジションは変奏曲のようなもの。ラベル作曲の『ボレロ』にも似て、中心的な主題を維持しつつ、変奏曲が実験的に、冒険的に、大胆に、奏でられるのです。しかし、基本的な目的が変わることはありません。その目的とは、新しい可能性を探り、今まで隠れていた自分自身の側面を発見するということです。最初のオポジションは冥王星とダイナミックな関係を築きます。権力と変身の星(冥王星)を通して、ポジティブな変化のエネルギーに焦点が絞られ、コントロールされるわけです。最後のオポジションが起きるのと時を同じくして、火星と金星が直列します。その際、火星と金星は海王星と真向かいの位置関係となり、かつ冥王星と支持的な角度を形成します。主題が分かったと思ったら、キー(調)が変わり、人生はクレッシェンドに向かって盛り上がっていくでしょう。といっても、無調の音がガンガン鳴るわけではありません。深遠な変化と、冒険と、進化に彩られた年が頂点に達するということです。

これらの星の動きは家計の黒字(または赤字!)にどんな影響を及ぼすのでしょう? 「変化」とか「冒険」は金融市場が好む言葉ではありません。政治や経済が不確実な状況になると、市場は混迷すると言われています。しかし、不確実な市場を逆利用して大儲けする抜け目のない投機家は大勢います。というのも、株価が上下するからこそ、大きな利益を得られるからです。

あなたの占星術的見込みと、株式市場の見込みは、必ずしも連動しているわけではありません。それに、あなたが変化の過程を経ても、それがコンピュータ化された投資のアルゴリズムに損益を計上することはありません。2017年のテーマは「我が道を行く」です。我が道を行くことによって、より富裕になるチャンスがもたらされるでしょう。今はワクワクするような時期です。長い間心の中に温めている志や、個人的な夢が実現する可能性を、星は物語っています。今年は勇気を出さなければならないかもしれません。しかし、大胆な行動を起こしたら、あなたは報われるでしょう。

2017年の恋愛運

今年、木星と天王星がオポジション(180度の角度)を形成し、宇宙というダンスフロアで踊りまくります。2017年はこのダンスによって彩られます。それは「魔法・冒険・探求・変化・解放・学び」を作り出し、私たちの心にたくさんの喜びと、たくさんの気づきをもたらすでしょう。12か月の間に、ジェットコースターに乗っているような気持ちになることがあるかもしれません。しかし、その過程で、スリルや気持ちの高まりを感じることができるはずです。「ジェットコースターは刺激が強すぎる。もっと安定した乗り物の方がいい」と思っている人もいるかもしれません。でも、そんな人でさえ、今年は楽しみにできることがたくさんあります。

木星と天王星は「恋愛」と連想づけられている惑星ではないような気がするかもしれません。だからといって、木星と天王星の刺激的な関係が、地上の恋人たちに影響を及ぼすことはない、と言い切ることはできません。木星は「冒険・楽観主義・プラス思考・寛大さ・楽しみ」を象徴します。これらの特質は、人を恋に落とし、強い絆で結ばれた関係の基礎を作るのに十分ではないでしょうか? しかも、木星と天王星が真向かいの位置関係になるたびに、愛の星・金星が影響を及ぼします。

太陽系の巨人、木星と天王星が最初につながったのは、2016年末のことでした。この時、金星は頑固な木星をサポートする形でつながりました。来る3月に二回目のオポジションが起きるのですが、この時、金星は火星(欲望と欲求の星)とともに静止状態になり、天王星と直列します。そして9月に入ると、最後のオポジションが起きます。その際、金星と火星は毎年恒例の直列をして、情熱の炎が燃え上がります。

「天王星の影響によって、困難な変化の段階に入るのでは?」と心配する人もいるかもしれません。また、「愛情面で突破口が開くことによって、痛みや悲しみがもたらされる恐れはないだろうか?」と心配する人もいるでしょう。心配は無用です。一年の間にドキドキや驚きを体験するかもしれませんが、ジェットコースターがどれほどスリルと驚きに満ちたものであっても、最後にあなたは「乗ってよかった」と思うことでしょう。


あなたが生まれた瞬間、惑星たちはユニークな配置をしていました。 たとえ同じ年、同じ日に、たった数時間の差や、数キロしか離れていない場所で生まれた人がいても、これら惑星たちの配置もとに占星術で描かれた絵は、まったく同じものとはなりません。

その絵とは、あなたのホロスコープのことです。それは、あなたの本当の潜在能力を明らかにしてくれます。ホロスコープは「なぜあなたが今のあなたなのか...」や、望むのであれば、「どうやって変わることができるのか」を説明してくれるでしょう。

あなたが機嫌が悪くなるとき、立ち向かっている恐怖、直面している問題などについても明らかにし、克服する方法を教えてくれます。 そしてあなたの人生において、まだ気が付いていないあなたの才能や機会についても語ってくれることでしょう。

ジョナサン・ケイナーによるチャート鑑定書をオーダーして、一緒にこれらを発見してみませんか?



 
  • おひつじ座
  • おうし座
  • ふたご座
  • かに座
  • しし座
  • おとめ座
  • てんびん座
  • さそり座
  • いて座
  • やぎ座
  • みずがめ座
  • うお座