射手座の俗説と現実


俗説
射手座は、明るくて、爽やかで、決してへこたれないタイプの人々だといわれています。この星座の下に生まれた人々は、みんな能天気で、戦略というものを知らず、面の皮が厚くて、エネルギーと熱意にあふれているそうです。なんでも、彼らは競争が大好きで、いつも物事の明るい面だけを見ており、すべての人々が友達だと信じているとのこと。それに無類の馬好きとか......?

現実
以上はちょっと不公平な発言です。射手座だって、立派にしかめ面をして、不満の一つや二つを言うことができます。その気になったら、無関心で皮肉っぽい態度を見せることだってできます。それに、繊細で、戦略家で、奥行きの深い射手座がいることも確かです。ただ、射手座は木星(希望の星)によって管理されているため、楽観主義という名の内なる声を静めることができません。その声は、時に応じてささやき声になることがあるかもしれません。でも、問題の解決方法を見つけた途端、ささやき声は一気に叫び声に戻ります。射手座は理想家であり、あらゆることを素晴らしくしたいと望んでいます。彼らはまた、白黒はっきりさせたがる性格で、中途半端な状態を嫌います。夢中になるか、まったく無関心か、両極端に分かれるということです。馬については、一部の射手座に当てはまるのが精々でしょう!

成功の鍵
射手座でいることは、すなわち、偶然の幸運に恵まれることを意味します。ただし、そのためには、自分の幸運を信じる必要があります。それは運を天に任せることとは違います。 苦闘したら転ぶだけ。チャンスを上手に利用したら、魔法のような結果を達成できるでしょう。

今年は9月22日が秋分の日です。この時期、昼と夜の長さが均衡してきます。あなたの人生から失われているバランスを取り戻し、希望を吹き込む良いチャンスです。秋分から新たなスタートを切るのに、ジョナサンが遺したホロスコープ鑑定書もあなたの力になれるはずです。

9月25日まで、すべての鑑定書が定価の20%オフとなる秋分特別キャンペーンを実施しています。

秋分キャンペーン 20%割引オファー 実施中(9月25日まで)



  • おひつじ座
  • おうし座
  • ふたご座
  • かに座
  • しし座
  • おとめ座
  • てんびん座
  • さそり座
  • いて座
  • やぎ座
  • みずがめ座
  • うお座