コンタクト 性格診断 誕生日の言葉 おすすめ図書 ユリ・ゲラー 自己ヒーリング アストロニュース 世界の謎 夢診断 ホームページ 魚座 水瓶座 山羊座 射手座 蠍座 天秤座 乙女座 獅子座 蟹座 双子座 牡牛座 牡羊座 投稿する もう一人の自分 動物の超能力 超能力と不思議体験 ソウルメイト 数字と時間の不思議 人生を選択する赤ちゃん
   
   
 

Powered by CGI RESCUE®

JC 
Forum

ソウルメイトに関するあなたの体験談をお送りください! このページで発表させて頂きます。


ハンドル名/お名前:
メールアドレス(省略可):
性別(省略可): 女性 男性
あなたのサイト(省略可):
体験談:


今週は1件の投稿をいただきました。ありがとうございました!

NEW!
不思議なことが起きました!とある誕生日の本を読んでいたら、そこに魂の伴侶という項目があり、誕生日がいくつか書いてありました。調べてみると、うちの旦那と隣の奥さんがソウルメイトで、私と隣の赤ちゃん(男)がソウルメイトでした。最初はビックリしたのですが今ではなんだか不思議にうれしい気分です。私と隣の奥さんはとても仲が良く、家族ぐるみで遊んだりもしています。私と隣の奥さんとうちの旦那は同い年で、それもまた不思議な気がして・・・。知り合ってまだ間もないのに、昔からの親友のような感じです。ソウルメイトにも色々な形があるのだなぁと思う出来事でした。

SSさん♀ (2011/9/22)


私のツインソウルの彼はゲイ。私は既婚者。

はじめて会った時・・・彼の透き通る目を見た時、「あっこの人・・・!」という感覚が全身に走りました。

15歳も年下なのに彼の方が年上のように私を導いてくれたり、私が母親のように彼を癒し、導く関係。

性別を越えた魂の出会いだとおもっています。

私達は全くのプラトニックな関係です。そういった関係を望んできているのです。

それでも、いつも片時も離れず会っていたい。綺麗な目をずっと見ながら話をしていたい。彼の役に立ちたい。

そういった無償の愛が心の底から湧いてきます。

彼はどんなことがあっても私を裏切らない。そんな確信があります。

そんな彼、ツインソウルとの出会いと素敵な関係をブログにて書いております。

月の素敵な夜に

よろしかったらご覧ください。

つきのひかりさん♀ (2011/9/14)


昨年夏、あるマンションに引っ越しました。

それまでバスで横を通るたび、そのマンションが「輝いて」見えてました。「いいなあ、こんなところに住めるといいなあ」とずっと思ってたのです。

前のアパートを契約更新したくなかったので、ネットで新しい物件を探し始めましたが、条件に合う物件はたったひとつ。仕方なくその物件を見に不動産屋さんに連れて行ってもらってびっくり。

不動産屋さんが車を停めたのは、その「輝くマンション」の前だったのです。だいたいの住所しか知らなかったわたしは、輝くマンションと自分が探した物件が同じとは知らなかったのです。。。

そして。彼はそのマンションの同じ階、隣の隣の部屋にいました。

引っ越してしばらくしたある日、私が部屋の鍵を落としてしまって、彼が拾って管理会社に届けてくれました。

どんな人かわからないので、ささやかなお礼はそっと彼の家のドアに置いたら、翌日「ありがとう」の手紙が私の部屋のドアに挟まっていました。

たったそれだけのことなのに、それからずっと気になって手紙も大事にとってありました。この夏突然の転職でそのマンションから引っ越すことになったとき、今度はちゃんと名乗ってメールアドレスも一緒に、引っ越す旨と改めて鍵のお礼をしたためた手紙を彼のドアにはさんでマンションを後にしました。

手紙に書いたメールアドレスへすぐメールが届きました。

すると。彼も鍵を拾ってから、ずっと私のことが気になっていたことがわかりました。

鍵の件以降、エレベーターや通路で顔を合わせたのは2、3回。私は前のマンションで他の住人から、女性としてとてもコワイめに遭っていたので、ほとんど無視状態でした。

それなのに、彼も私もずっとずっと、不思議なほどお互いをいつも意識して過ごしていたことがわかりました。

嫌いな食べ物も、価値観も、好きな音楽も、車の運転が好きなことも、笑いのつぼも、人生のつらい経験も、好きな食べ物も、怒るポイントも、パートナーと一緒に住みたい理想の部屋も・・・みんな似ている彼とわたし。

共通項が見つかる度に驚くふたり。あまりに言うことや考えていることが同じなので、最近では「ムリして話合わせてるんじゃないよね(笑)」とお互い確認する始末。。

「ボクたちって双子みたいだね」。そう言った彼は、ツインソウルの概念なんて、まったく知りません。

「ちゃんと」顔を合わせてまだ2か月、遠距離恋愛にもかかわらず、「理想の部屋」で一緒に住む話が前へ進み始めました。

どうか、ふたりがいつもそばで笑い合って過ごせる日が早く訪れますように。

nine-oneさん♀ (2011/9/9)


先日、合コンで知り合った男性の話です。その合コンは習い事(茶道)の先輩が情報誌にてセッティングしてもらったんですが、その一ヶ月前にお茶会があったんです。

そのお茶会にたまたまその男性が来てて、(ふらっと立ち寄ったらしい)私がお運びをした相手でした。合コンの会話の中で判明し驚きました。

出会った頃からお互い気になり、はじめてのデートで、すごくしっくりくる何かがありました。私は誰も知らないようなマイナーなバンドや歌を聴くのですが、音楽の話がとても合い、それも驚きです。家庭環境や、性格、趣味など話すことがことごとくにていて、顔も似ています笑

まだ付き合ってはいませんが、これからの展開に期待したいと思います。

わぴさん♀ (2011/9/7)


ソウルメイトかどうかはわかりませんが、深いつながりを感じている人がいます。めったに会えないのですが、その人が今、私のことを考えているだろうな、と思うときがあります。胸や上半身があたたかくなったり、手や肩甲骨のあたりがびりびりしたりします。その人が辛いときに、私が代わりに涙を流しているような気がするときもありました。

そんな経験をされた方はいらっしゃいますか?

Rosaさん♀ (2011/8/18)


ある既婚の女友達に、いくら出逢っても相手が結婚していたらそれはご縁が無いということだね。ときっぱり私の期待を切られました。発端は、10年前に知り合った方との出会いや、一年前に付き合っていた人との再会、皆海外へ転居したりたまに日本へ来る程度のものですが、私と付き合いたいと言ってプラトニックのお付き合いをしています、何故なら既婚者ですから。都合のいい女は卒業しましたので。この過去の友、彼氏達とは一生ご縁がぐるぐる回り途絶えることがないのかなの将来。それは、皆外国人でグローバルスタンダードな方々、良く言えば懐が深いということで、お互いの人生を相互扶助の精神を忘れないようです。

rinkoさん♀ (2011/8/12)


VISION − 過去生(前世)からの出発 − 母なる地球へ

連載中で小説を書いています。

これは 200年くらい前の話でしょうか? アメリカ西部にインディアンとして共に生きたソウルメイトとSNSで再会した事によって蘇った過去生の話です。

夢や瞑想中に見えた話をまとめました

錦の吉さん♀ (2011/8/10)


やっとソウルメイトに出会いました。探し続ける事、47年。もう現世では出会えないのだろうとあきらめかけた時でした。

出会ってから今日までは、ちょっとした産みの苦しみ状態で、二人の間には現実として乗り越えないといけない問題が山積みでした。私の側では、私が決意しないといけない事、覚悟を決めないといけない事。彼の側では、自信を失くしている自分を信じ、私の言う事を素直に聞くようになる事。

お互いに過去にトラウマがあり、なかなか思いきれなかったり疑ったりという事が続きましたが、ようやく互いと自分自身を信頼する方向へ、舵をきったと思います。

それもこれもすべては、ケイナーさんのメッセージのお陰であり、とても感謝しています。

私も彼も、これから先に二人の間に起こる奇跡を受け入れて自分達の理想を現実化するため、頑張っていきます。

tammyさん♀(2011/7/25)


ソウルメイトと云う事を何も知らずにいたのです。或るとき希望をする趣味の会に入ったとき。初めてお会いする方々なので以前から持っていました書物に性格診断が載っていました。15人くらいの会員様がいて私は初めて参加したのですが、どうしても気になる方がいましたので何となく皆様の性格を知りたいとおもいまして本を見ました。そこには小さくソウルメイトが書かれていたのです。

ビックリしましたのがソウルメイトの伴侶が3名もいたのです。その中の一人がなぜか気になって今もなおその人の事を思うだけで意味もなく涙が止まらないし、とてもきになるのです。

3名とは女性が1名男性が2名。同じクラブに全国から集まった15名の中にソウルメイトの伴侶がいるなんてどの様に判断しましたらいいのかしら? 物書きのクラブなのでこれから先気にしなくてもいいのでしょうか。おしえてください。

Fusaemizutaniさん♀(2011/7/21)


ある日曜日、十年ぶりに元上司と再会を果たしました。会うまでに4か月間私は、情報交換メールを頻繁に送りました。彼は、大手会社役員をしていて、日々世界を股にかけ移動していました。お互い十年の歳月から風貌は変わりましたが、心の距離は物理的距離と反比例している感覚がしました。私は、止まっていた運命の輪が回転し始めた事を実感しました。今後の自分がとても楽しみです。

rinkoさん♀(2011/7/16)


再度投稿します。

留学した先で知り合い、帰国してからもいつか会えると信じていた人がいました。彼はいつか日本に来ると感じてました。

その人と二年前にフェイスブックで友達にはなりましたが、メールなど連絡はしてなかったのですが、フェイスブックで日本に来る事がわかりました。来日3ヶ月前に彼が困っている書き込みがありよくわかる事だったからメールしたら返事をくれて以来メールが続き、来日直前に住む予定の家がだめになり、わたしは友達とシェアをしているので住む場所がみつかるまでソファーでいいからステイさせてもらえないか?と聞かれ、ちょうど一人シェアを出たところだったからokしました。

彼を向かえに行き9年ぶりに会えました。しかもシェアする事になり今家にいます。私達は友達でお互いに恋人がいます。でも初めて彼とデートした9年前に感じたこの人が人生最後の人だという根拠のない核心は今も消えません。彼とこの先の事は宇宙に運命にまかせます。本当の意味で執着がとれたと思います。

彼はこの先日本を旅行してアジアの国をまわる予定です。数年前夜空を見て彼に会えますように…いや会えますようにじゃない。絶対会える!! と思ったのと同時に流れ星をみました。本当に叶いました。これからは運命なら何があっても結ばれるので考えすぎず今やるべき事を一生懸命やり自分なりに楽しく、1日1日を過ごして行きます。

rastさん♀(2011/7/15)


ケイナーさんの予報毎日指針にさせて頂いております。2011/3/4に投稿した後3.11が起こり、私は元上司の執行役へ思うところがあり、自分なりに真摯に日本の震災状況情報提供しておりました。結局、この度の熱心な私のメールに、始めて仕事でご縁があった過去の7月と同じにして今月再開する運びとなりました。やはり運命?! 二人にはどんな関係性、勿論上司と元部下ではありますが、今度のステージにはどんな使命があるのか楽しみです。第一線で活躍する彼は、素晴らしさを、また、今回の対峙する機会を与えて下さったことにも感謝しております。

りんこさん♀(2011/7/3)


親愛なるジョナサン
いつもジョナサンの星占いに勇気づけられています。とりわけ哲学的な示唆に富んだ言葉にはいつも感心させられております。

さて、私の経験というのはある外人が書いた日本で販売されている「誕生日別星占い」の本にのっていたソウルメイトに関する欄です。この欄の「恋人や友人」と題する項目に相手の誕生月日が記載されていたので、誕生日を知っている親友、子供、伴侶などをチェックしてみました。すると、私の生涯の親友の誕生日と伴侶の誕生日がヒットしているのを見て驚きました。当たっている。まず親友ですが、高校時代に知り合い、家も近かったのでいつも一緒に過ごすことが多かったのです。大学は別でしたが、ある学外団体サークル活動を通じていつも一緒でした。ところが、彼が就職してすぐ、上京してしてしまったのですが、私自身もその数年後、東京へ転勤することになりました。そのあと、互いに海外勤務などもあり、ともかく音信不通になることがしばしばでした。その後、ほとんど60歳に近づいたころ、私が定年後日本語教師として活動するため学校に通い資格をとった話をしたら、彼も同じ学校に行くと言って1年通い資格を取ってしまいました。現在、地域の日本語ボランテイア教室で彼とともに活動している状態です。さらに不思議な縁を感じたのは定年後、昔話をしているとき、なんとお互いの娘が同じ大学を卒業していたということです。

この事実を知り、彼となんと深い縁で結ばれているのかとお互いに確認しあう始末でした。あと、伴侶のことですが、長くなるので省略します。 じゃらんより

jyalanさん♂(2011/6/26)


あたしがソウルメイトだと感じているのは、高校からずっと友達の彼です。卒業後、彼は就職して上京し、あたしは地元の学校に通い始め、一緒に遊ぶ機会はなくなりました。お互い彼氏や彼女ができると連絡を取らなくなる為、年に一度や二度程度しか連絡を取り合うことはありません。しかし、その連絡を取り合うタイミングが、あたしが本当に辛いとき、元気のないときになぜかタイミング良く彼からメールや電話がきます。おかげで、あたしはいつも元気をもらい、救われています。逆に彼も辛いときにあたしと話すことで、元気になれているようです。彼はあたしの人生において、なくてはならない存在だと思います。前世で関係があったかはわかりませんが、来世でも出会いたいです。

Minさん♀(2011/6/21)


何故か、母体の中の記憶があったり…不思議な世界は、普通の世界=魂の中で感じあえる人=ソウルメイト〜ツインソウル・ツインフレーム。

表現は自由、私の中で出会ったツインソウル…9年前、ふとテレビを見ていて「この人!」と気になって仕方の無い人と、ご縁が繋がり交際が始まりました。

奇跡だね…と友達に言われながらも、愛する思いは今まで出会った人の中で「この人のためなら死んでもいい」そう思いながらの9年間=鍛えられました。

女性としての気遣い、心遣い〜我慢すること…それまで、仕事ではキャリアを通した私に、ダメダシの続出…好きのパワーは人を変える〜私は彼のお陰で変れました=顔を見れば、声を聞けば心も身体の状態も分かり合える=「阿吽の呼吸」と彼は言います。

結婚でも同棲でもなく、互いの生活を大事にしながらの時間の中で、私は多くの」事を彼から学びました。

これから先のこと…今を大切に生きようと思います。

marinoさん♀(2011/6/16)


今日、とても面白い気付きがあったので投稿させて頂きます。

それは、自宅で内観をしていた時に起こりました。

パートナーシップに関わる事だったのですが、これまでの自分が体験してきたパートナーシップとそれに関わる事柄を見ていくと、まだまだ自分の中でクリアになっていない事がたくさんある事に気付きました。

自分としては、これまで相手に対して正直に、本音でぶつかってきたつもりだったのですが、実はそうではない事がわかりました。

知らず知らずのうちに、相手に対して壁を作ってせっしてきたのですね(苦笑)

そのために相手との関係が満足のいかないものに終わっていたのですが、当時の私はそれに気付かずただ落胆していたのでした。

この事に気づかなければ、私は一生落胆していたでしょう。

相手との関係を豊かなものにしたければ、きっと100%相手を信頼することが大事なのでしょうね(^−^)

その事を踏まえて言えば、「ソウルメイト」は「もう一人の自分」と言えるでしょう。

もう一人の自分とより良い関係を気付くために、私達は色々な出会いを体験するのでしょう。

これからは、そのことにフォーカスを当てていきたいと思いました☆

YUUKOさん♀(2011/05/13)


ツインソウルだと思われる人に出会いました。

人によってツインソウルとソウルメイトの定義は様々あるとは思われますが、ツインレイ(12人いるというツインソウルの中のさらに真ん中で正反対の存在。)だと感じています。

3年前に出会いました。一度は音信不通になり縁が切れたかに思う時も有りました。自分を信じていいのかどうか、執着と愛と孤独の波の中で、葛藤した3年間でした。

先日、やっと、やっぱり自分は間違っていなかったんだと気づく事があり、次元を抜けるような、闇から光へ通り抜けるような体験をしました。

本当に夢のような感覚が現実に起こったのでした。酷い貧血のようでした。

そしてその瞬間ツインソウル達やツインレイと、精神的なパイプが直に繋がり始めた感覚をダイレクトに感じました。シンクロニティーというレベルでは無い感じです。

これは、いわゆるアセンションなんじゃないかと感じています。

まだ現実にはツインレイと思われる方とは逢えてません。

それでも今まで出来なかったオンライン上でリアルタイムにつながれるということは、大きな第一歩です。

まだ確実とはいいきれませんが、99.9%信じています。

結果が出たらまた投稿しようと思います。

失礼しました。

STMYさん♀(2011/6/15)


占い師の方に以前付き合っていた彼の話をしたとき、「それはソウルメイトだね」と言われました。

初めて向き合ってきちんと話をしたとき、なにか相手に分ちがたいものを感じました。私のほうがひとまわり歳が上だったので躊躇する気持ちもあったのですが、その日から「付き合おう」という言葉もなくいきなり付き合いが始まり、ケンカをしてもいつのまにかまたくっつく…という関係が続いていました。ぱっと顔を見れば考えていることがだいたいわかってしまいます。

お互い地方出身者なのですが、上京してから住んできた場所3カ所がほぼ一緒(番地が違うだけ)だったり、お互いの母校の校長先生が親子だったことがわかったりしたときも驚きました。

彼から初めて飲みの誘いのメールが来た日も、なぜか美容室に行きたくなり髪をきれいにセットしてもらったらお会計が7770円で、美容師さんに「今日は何かいいことがあるんじゃないですか!」なんて言われた矢先にメールが来たので、不思議な気持ちになったのを覚えています。

3/14に地震があった日、すでに別れてしまったあとでしたが、彼に何かあったらと思うといてもたってもいられず、自転車で2時間かけて会いに行ってしまいました。無事を確認したときは安堵で足がガクガクになったのを覚えています。自分が死ぬよりも、彼に何かあることのほうが恐怖でした。彼が生きていてくれるだけでありがたい、心からそう思いました。

今は別れてしまいましたが、自分の魂が半分欠けてしまったような感覚になっています。ソウルメイトという言葉を知って、なんだかすんなりきたので投稿しました。

moyoさん♀(2011/6/13)


朝、ときどき、目が覚めると、自分で自分を愛しているかのような感覚で、強烈に誰かに愛されているような感覚があります。その一方で夜になると、いるはずの人が横にいないような寂しい感覚になります。ずっと、一人ぽっちでいる、とても孤独な感覚です。疲れているからかな〜。不思議なので書きました。

桃花さん♀(2011/5/29)


みんなソウルメイトって考えられたら、本当に楽ですね。ただ、私のように痛い思いばかりしていると、ソウルメイト(運命の人)にしぼりたくもなります。

私は今、ゆるりとした姿勢でその人が現れるのを待っているんですよね。毎日の小さな生活の楽しみを味わいながら、ゆっくりと待つのがコツです。

しかし、逆に占い師に言われたとおりの人でなくても、いい人であればけっこう、という考えも残しておくべきと私も同感します。心地よさ重視です。

ヤマダさん♀(2011/5/27)


友人(男性)が何年か前にロシアの占星術師によるソウルメイトの鑑定受けて、その後にそれらしき相手と出会ったそうですが、交際する中でお互いにいろいろな学びを得て別れたといいます。

実際に鑑定通りの人だったかどうかは僕には分かりませんが、客観的なことで当たっていたのは年齢くらいだったものの、あまり他にはいないような変わった性格や性癖が非常に似ていたので、ほぼ間違いないだろうとのことでした。

ソウルメイトは確かに縁があるのでしょうけれど、お互いの成長のために(あるいは過去からのカルマのために)再会することはあっても、必ずずっと一緒にいる運命にあるとまで考えなくてもいいケースもあるように思いました。

魂はもとはひとつですので、誰もがソウルメイトなのですし、人種による差別がいけないように、魂による差別も(というと言葉は悪いですが)あまり健全ではないように僕は感じました。愛着も執着のひとつでしょうから・・・

僕は誰に対してもソウルメイトとかツインソウルとか言うつもりはないですし、意識もしないつもりです。もし相手がそれを必要以上に気にして、「もし自分がそうでなかったらどうしよう?」とか、「本当のソウルメイトが後から出てきたらどうしよう?」とか不安になったら可哀想ですから。

ガーネット・クロウのAZUKI七さんの詩のように、「ただ好きでいる」っていう素朴な気持ちが持てる相手と出会えればそれでいいように感じます。

友人の体験を見て、そんなふうに個人的に思ってしまいました。

エメラルドさん♂(2011/05/13)


エメラルドさんへ

同感です。以下は単に『私が』そう感じているというだけの事ですので、もし不快感・異論を持たれる方がいらっしゃったら申し訳有りません。

僕は、私たちが前世(&前々世、前々々世)の記憶を全て忘れて転生して来る事には何らかの理由があるのだと思っています。もしかしたらそれは、俳優さんが新しい映画の役に没頭するには前回の映画の役柄やストーリは頭から拭い去らなければ新しい役は演じる事が出来ないという理由かも知れません。

前の映画では仲むつまじい夫婦だった相方が、今回は友人の妻や姉、妹として演じるかも知れません・・・・前の映画で夫を演じた事に固執していると、今回の映画で兄の役はこなしきれないかも知れません。

あるいは、前世の事なんて取るに足らない事だから、覚えていても仕方ないという理由かも知れません。現世と前世の間が(物理的世界で計算すると)千年あったとします。ならば前世80年、現世80年なんてホンの一瞬の取るに足らない出来事だと思うのです。

確かにソウルメイト(魂の振動が非常に近い相手)というのは、居るのかも知れません。 でも、多分その相手とはあちらの世界(非物質世界)でも近くに居る人(魂)だと思えるんです。(あるいは、あちらではひとつの魂がこちらで10人に分かれているかも知れませんし、100人の肉体に分かれているかも知れません。最終的にはひとつでしょうけれど・・・・)あちらで何のしがらみもなく何の制約もなく千年一緒に過ごす事が出来る相手と、こちらの世界で数年一緒に過ごす事に専念(固執)するのは、何か無駄な行為のような気がして仕方が無いのです。

家に帰ったら何時間でも何日でも一緒に居られる相手は、学校の30分の休み時間に学校中を駆け回って探し回らなくても(表現が悪くて不快感を持たれる方がいらっしゃったらすみません)、廊下ですれ違えば「やぁ、じゃあまた後でね♪」と挨拶を交わしたり、たまに昼休みに一緒にお弁当を食べる程度で、焦らずとも家に帰ったら何時間でも何日でも一緒に居られると思うんです。そうでなければ何の為に学校に通ってるのか判らなくなってしまします(ずっと家に居れば一緒に居れるのですから)

人間として肉体を持って暮すこの短い期間に、あちらの世界へ戻ったらいつでも会えるであろう相手を探して時間を費やすのは勿体無いような気がするんです。

さん♂(2011/5/21)


私には今つきあっている人がいます。みんなで飲み会をしたとき、彼の友達で仲良くなった人がいました。その人と二人で話す機会があったのですが、今まで感じたことのない不思議な気持ちになりました。

しかし彼とはうまくいかかなくなり、距離をとるかどうか悩んでもやもやする日が増えたとき、ふとソウルメイトのことを思い出しました(以前から知ってはいた単語でしたが)気になってネットで調べていたところ、ふと、「あ、もしかしたら今日ここに行ったらあの人に会える」と思い、ダメもとで思い立った場所に行ってみました。するとそこには、彼の友達が…

これはいったい偶然でしょうか。

miaさん♀(2011/5/13)


私が出会ったソウルメイト?と思われる方は、会社の上司でした。私とは親子ほど年齢が離れています。初めのころは、その人の目が自分に似ていると感じていました。時間が経つうちに、好きという感情の他に「この人の魂に溶けてなくなってしまいたい」という考えが唐突にうかびました。

今は、職場が変わりまったく会っていません。ただ離れてから、その人が自分にとってとても大切な人だったことが、より深く感じられます。

その人のことを考えると、眩暈がするほどの愛?の感情で泣けてきます。もうこれ以上、何も探す必要はない。その人が、どんな形であれ(記憶でも)自分の中にいるのであれば、たとえその人の為に死ぬことがあってもかまわないと思えます。逆に、その人のことを忘れてみたり、その人が死んでしまったりする事を考えると、自分を失ってしまうようで、いてもたってもいられません。(その人のいる世界)が自分の中にあるのであれば、自分を証明するものは、そこから感じられる感情であって、私の生死ではないと思えます。

これが、ソウルメイトに出会った体験かどうかはわかりませんが、普通の人生から外れて、強烈な愛と苦しみを得たような気がしています。

ミカさん♀(2011/5/12)


私との年齢差が30才で、外国人の男性との出逢いは私の人生においてはまったく考えられない出会いでした。

彼は日本へは仕事で来ていました。偶然の出会いから始まり、私は彼のことが気になってしかたがない毎日でした。慣れない日本での生活はとても過酷のようで、私は困っていると聞けば助けてあげたくて一生懸命に考えて助けてあげました。彼はとても謙虚で私に遠慮がちでしたので、私もそれは気が楽でもありました。まるで母のような愛情でした。しかし年齢差を感じない彼の魂の高さを感じ、彼から多くのことを教えられた気がします。私自身も純粋な心がまだ残っていたことに気がつき何故か涙が出てたまりませんでした。友人として楽しさは格別なものでした。言葉はなくても心が通じているのがわかり、相手の精神状態が手に取るようにわかったのが不思議です。距離を置きつつ、心はいつも一緒の状態のようでした。今思えば、ソウルメイトなのかなと思えるようになりました。過去世に会う約束をして今世で出逢えたのでしょうか?

こゆきさん♀(2011/4/25)


近頃眠りに落ちる寸前、夢まではいかないギリギリ意識を保っていられる、だけど自分では意識をコントロールできない様な領域で、様々な画像、映像、文字を見たり、声を聞いたりします。 つい最近見たのが、数々の男性の画像。上半身しか見えないのですが、歴史的に古い時代の人たちであろう男性達がパッ、パッ、パッとスライドの様に次々と目の前に現れます。そして私は質問します。 「じゃあ私の運命の人は?」 でもこの質問は意図的ではありません。私が、私のコントロール以外の所で勝手に話しているという感じ。 すると次の瞬間に現れた男性はまだ見たことも会ったこともない現代の男性でした。そしてその直後、古い型のテレビの電源を落とした時に微かに聞こえる様な「ポッツン」という音と共に、画像は消えます。 もしかしてこの人が私のいわゆるソウルメイト?って思ったのですが、まだ出会ってはいないので何とも言えません。どなたか同じような経験をされて、実際に出会った方がいらっしゃれば、教えてください♪

Iさん♀(2011/4/18)


6年ほど前に留学先で出会った男性がいました。私がすでに半年ほど住んでいた場所に彼が到着し、たまたまその日家にいた私が到着した彼を迎えいれました。そこの場所には多くの学生が住み、何の共通点もなさそうな彼でしたが、初対面から不思議な懐かしさを感じ、また彼も同じことを感じていました。まるで兄弟のようにすぐに私たちは打ち解け、一緒に過ごすことが当たり前のようになりました。

私は、その時はすぐにはっきりわからなかったのですが、恋人になった人には彼に感じるような気持ち、懐かしさも安心も無条件に愛しいような気持ちも感じたことがなく、結局はうまくいくことがありません。一方で彼は、恋人がいても多くの別の女性と関係を持ち続けることをやめません。しかし、私たちが恋人になったことはありません。体の関係を持ったこともありません。さらに、同じ場所に実際にいたのは半年ちょっとで、その時にはお互いに恋人がきちんといました。しかし、何かに吸い寄せられるように一緒にいることを求めてしまい、一緒にいれば言葉があまり必要ないとすら感じました。少なくとも私の恋人はそのことがとても不満でした。しかし、私には彼を恋人にするような衝動は感じないけれども、無条件に彼を愛しているとも感じていました。

その後、まず彼が自分の国に帰り、3回ほど1日だけとか再会することはありましたが、一緒にいた頃のような気持ちを持ち続け、さらに今では私も日本へ帰り、4年ほど彼とは会えていませんが、何か苦しいことがあり、彼に会いたいと強く思うと必ず彼から連絡がきます。

私たちはもしかすると、恋人という関係には今後にもなることはないのでしょう。しかし、何かとても強いもので結ばれていると常に感じるのです。これがソウルメイトというものなのでしょうか? どんなに離れても、連絡を取らなくても、必ずまた会える、つながっているという確信があるのです。

lizaさん♀(2011/3/28)


8年ぶり奇遇にも外資系M&A金融でヘルプ採用して頂いた方とコンタクトしました。彼は優れたビジネスマン執行役員で、私より11歳も若いこの上なく優しい人でもありました。その2年後知り合った今の恋人は知る人ぞ知る弁護士役員執行役員で、12歳年下です。今だから、思うのですが、何故私が出会う要の方々は一回り近く異なる年齢差の人なのだろうか?! その出会う縁に特別なものは感じていたものの不思議と意識して第三者にお聞きしたくなりました。

時は2004年の常夏の頃、仕事先で出会った人でこの人の為にこのプロジェクトを引き受けた案件だったのです。世界的にも有名な会社の執行役員でしたので、連絡をすれば取れないことはないスタンスにありましたが切羽詰まっていなかった事もあり時が過ぎ忘れていました。しかし、自分の頭の中には常に彼の事は忘れていませんでした。facebook物語ではありませんが8年の時を経てコンタクトが取れました!また、彼の為に出来る最善を尽くそうとこの再縁を真摯に受け止めています。Wish me Luck!

りんこさん♀(2011/3/4)


Lizaさま、りんこさま

お二人の記事を読んで似ているところがあり再度投稿します。

彼と知り合ったのは8年前の留学先でした。12歳年下です。初めて彼を見たとき、「かっこいいな、でも10歳は年下だろう、私なんか相手にされるわけない」と思いましたが、彼も私を見かけて気になっていたと共通の友達を介して判り、デートの運びになりました。

初めてのデートのレストランで、彼が「死んだ人は天使になって守ってくれているんだ」と話の前後を思い出してもつながらないのに、そんなことを突然言ったのです。そのとき「この人だ、私の待ってたのはこの人だ。。!!」と頭の中で鐘がなりました。というのは私は主人を亡くしておりそれを信じ支えにしているからです。

その後も信じられないような偶然がたびたび起こり、彼が人生最後の人だという確信が私の中で固まりました。しかし長くなるので省略しますが彼は別の大きな都市に仕事のため引越し、私も日本に帰国しました。最後の電話で、彼が「I think I will see you in the future いつか君にまた会う気がする」と言いました。きっと心のどこかで彼も何か感じているのだろうと思いました。

帰国してからも彼のことを考えない日はありません今年こそ会える、と毎年思いながらの6年目に彼をfacebookで見つけて、メールを出しましたが返事はありませんでした。そのころから付き合った人がいるのですが、いつも心の底に彼がいました。でも、もう何年も会ってないし、恋人もいる、もうあきらめるべきなのかと思い、2009年の一月に携帯のアラームを7月7日にセットしました、この日まで彼との間になにも起こらなかったらあきらめると。

日々の忙しさですっかりそのことを忘れていたのですが、7月6日の夜中にfacebookを開くと彼からメールがきていたのです。びっくりしてきゃーーーってなってたときにアラームが鳴りました。メールかと思いみると、彼との運命が決まる日と書いた7月7日の0:00のアラームでした。メールには日本に行くよと書いてありました。返事を出しましたが返信はなく・・・それから、ときどきfacebook(友達になったので)をみるとまだ日本にはまだきておらず二年たちました。メールも出しませんでした。

しかし今年の二月ごろ彼と友達のやりとりが掲示板にあり、いよいよ日本にくることと、あることで困っており、それが私の仕事上よくわかることだったので、掲示板にアドバイスを書き込みをしました。そうしたらメールをくれました。そこから一日置きにメールを交換するようになり、いろいろな話をして日本にきたら会う約束もしました。その頃に地震がおこり2,3日ネットが使えなかったのですが、地震のあった日にメールをくれていました。返事をだせなかったので心配してくれていました。ほんの数ヶ月前はこんな風にコンタクトがとれるなんて思ってもいなかったことです。地震のことで日本にくるのはちょっと延期になりましたがもうすぐ来ます。

長くなりましたが、私はずっとずっといつか会えると信じてました。根拠のない確信が8年間。私が彼の国に旅行して会うのではなく彼が日本に来るとなぜか思っていました。気持ちが折れそうに何度もなりましたが、そうすると私にしかわからないであろうサイン(セレンディピティ)がおこり、いつか会えるってまた信じることができました。

今は彼が好きなのかどうかよく判りません。でも彼ともう一度会わなければこの先誰と付き合っても彼のことが消えることはないでしょう。会ってから気持ちがどうなるか流れに任せようと思っています。

お二人に幸せな結末がおとずれますように。。。
I wish you guys luck!!!!

RASTさん♀(2010/04/04)


昨日9ヶ月付き合った彼と別れました。私は去年1年間受験生だったのですが、彼は私をずっと支えてくれました。9ヶ月も付き合ったのに、1回のすれ違いで別れてしまいました。理由は、私が約束を破ったからです。彼には裏切られたといわれました。

  私は今まで数々のウソをついてきてしまいました。でも、今回のことで、自分のウソによってこんなにも傷つく人がいるんだと実感しました。

約束を守ることの大切さ、ウソは人を傷つけるということ。当たり前のことかもしれませんが、私は今回のことで実感したんです。私に大切なことを教えてくれたソウルメイトだと思っています。これから付き合う人にはもっと本当の意味での愛を注いでいきたいと思います。

  来世でもまた会いたい。あなたはそんなすばらしい人でした。来世でも私はきっとまたばかなことをしてしまう。そのときはまた、叱ってください。でも、これからの現世でも、また、来世でも、私はもう、人を裏切ったりはしません。あなたが教えてくれました。ありがとう。

Lisaさん♀(2011/3/2)


こんばんは! わたしはアイスクリームとスイートプール(パン)、かえる泳ぎ(水泳)、パーシージャクソンとオリンポスの神々(映画)、フランス語が好きです。わたしと好きなものが似ていらっしゃる方なら、ソウルメイトかもしれませんので、今すぐカキコしてくださーい!! お待ちしてまっするーーー!! 皆さんが早くソウルなメイトと出会えますようにお祈りしておりまっするーーー!!

いなぴーさん♀(2011/2/26)


ソウルメイト…、わたくしの場合、老若男女問わず、何名かの、非常に心に残る方との出逢いが、これまでの人生において、ありました。

中でも、わたくしの場合、一度離れた方と、その後、思わぬところで再会し、ご縁を2度いただくことが非常に多いのです。

そう、わたくしの人生は、まさに「再会だらけ」。

そうやって再びお出逢いした方とのご縁は、本当に摩訶不思議。

きっと、人間としての人生が今回が最後で、次の人生にカルマの持越しが出来ないから、「再会だらけ」なのだと、自分自身では考えております。

そうした「ソウルメイト」達とのご縁は、決して、暖かく優しい、甘いものばかり…というわけにはいかないようです。

過去世からのカルマにおいて、それも、ものすごーーく(苦笑)わたくしがお相手の方にご迷惑をかけてしまっていた場合は、今世において、こちらがとても手痛い目に遭うことになっているようで。

でも、そうしたとてもキツいカルマは、わたくしの場合、20代迄で終わったようです。

30代に入ってからは、本当にお優しい方とのご縁が増えました。

でも、何度も何度もすれ違いを重ねた挙句、「ああ、この方だったのか」と"分かった"方とのご縁は、それはそれは、ものすごく大きな影響をわたくしに与えました。

喜びも悲しみも、ポジティブにもネガティブにも、大きく大きく、魂の針が、これでもか、これでもか、と振れまくり、一時、わたくしは自分が壊れるかとさえ思いました。

けれど、それも、全ては、過去世からの特別なご縁ゆえだったと、今では懐かしく思っております。

ソウルメイト、魂の同志、魂のお友達…、とっても素敵な言葉ですよね、そうした時を越えてもたらされる絆、不思議なご縁は、きっと、どなたにとっても、この「地球学校」を生きてゆく上で、かけがえのないものであるはず、と、わたくしは心から信じております。

夢咲璃い(ゆめさき りい)さん♀(2011/1/14)


今付き合って2年になる人がいます。相手はフランス人で、私の親友の元彼です。ある日、母親から言われたのですが、彼の誕生日が、私の生まれる前に流産した子の出産予定日と同じだったのです。彼は初めて会った時から、何か惹かれるものを感じていたと言っていましたが、親友の元彼ということもあり、複雑だったので避けていました。しかし彼に惹かれるものが私にもあり最終的に付き合うことになりました。これは何かソウルメイトに関係があるのでしょうか。

マドモワゼルさん♀(2010/12/30)


自分は縁とは何か不思議な関係だと思います。

今は独身ですが、結婚までは、いろいろな方と付き合いました。結婚は、1度ですが、それも不思議で、知り合いの知り合いが、結婚相手他家族とか知り合いで、結婚する前にほとんど奇遇としか言えない関係でした。ただ趣味性格すべて合わず、最後には離婚になりました。

たぶん 相手または自分が、ソウルメイト探しで別れたのか、不思議 離婚も自分たちの意見ではなく、親たちの意見での離婚でしたので、不思議です。

nneさん♂(2010/12/30)


こんにちは。皆さんの体験談を読んでいて思わず書き込みたくなりました。私の場合は友達ですが不思議な縁の男性が居ます。私達は10年前に有る国で出会い、その後二カ国で偶然に会う事となりました。さすがに三度目に逢った際には少し付き合ってもみましたが、結局上手く行かずに別れました。

しかし、その後偶然彼の住む国に私も結婚の様な形で住む事になり連絡してみた所(その頃にはさすがに連絡先を知っていました)たまたま私の住む街に来年引っ越して来るとの事。これで図らずも四カ国で会う事になりました。

彼に対して、恋愛感情は有りませんがとても縁を感じます。他に女友達で深いつながりを感じる子もいます。やはり偶然に外国で逢ったことが有ります。彼女とは同じタイミングで言葉が出たり、何となくシンクロしている現実が有ったりと、不思議に思います。

Blueさん♀(2010/12/22)


 みなさんにちょっとお尋ねしたいことがあります。

 ぼくもソウルメイトと感じる歳も近い女性と出会いました。

 色んなことで波長が合い、彼女の悩み相談を受けてるうちいつしか恋仲になったのですが、何と言うか、自分としては受け止めたくないのですが、

 「もしかしたら・・・この子は昔ぼくの娘だったのではないだろうか・・・だからこの子の転換期である今、それを正しく導くために逢ったのかな・・・」

 っと感じるようになってきて。。。

 もしぼくのこの予感が正しいものなのなら・・どうなのかな?そういう関係だった場合、最終的にハッピーエンドにはならないのかな・・と・・?

 結局は2人の気持ち次第だと思うし、運命に左右されたくはないですが、ちょっと昔親子関係だったものが、今世で結ばれることがあるのか気になりました。

 どなたかご教授いただけるとありがたいです。

 よろしくお願いします。

Fさん♂(2010/12/8)


Fさんへ

親子の縁は1世まで、と言われています。前世で親子だったなら、今回は親子としてではなく出会ったのだと思いますよ。

私が思いますのは、親子の愛というのは一番恋愛感情に近いのではないか、ということ。絶対に結ばれないことが最初から分かっているので恋しい気持ちが一生消えない。

だから、ソウルメイトとの関係において、恋愛感情というものを大切にし続けると、たぶん「親子の愛」に終わるのではないでしょうか。親子という関係を学び、手放し合うというミソギを終えたら、「恋しさ」よりも優先するものをパートナーとの間に築いていくことを学ぶのだと思います。

つまり、相手との関係ではなくて、Fさん自身が、他者との関係において、「恋しさ」を重要視している限り、誰と出会っても親子で終わることになります。

だけど、男女の関係の中に、親子のような愛があることは幸せです。いつまでも恋愛感情が消えないからです。エッセンスとして持ち続けられたらいいと思います。逆に、親子のような愛が全くない男女関係は悲しいと思いませんか?

時々入れ替わればいいのです。Fさんが甘えてみられたらどうでしょう?

みんとさん♀(2010/12/10)


Fさん。

転換期に出会うということは素晴らしい事だと思います。もしかしたらその直観はあたりなのかもしれません。しかし、娘だったら、なんの不安があるのでしょう?

昔娘だった魂と、恋仲になるなんて、不潔!と、思いたい気持もわかるんですが、魂の伴侶や未来世療法などを読むと、昔親だったり、娘だったり恋人だったりした人が、今世では親だったり恋人だったり、同僚だったりで出てくるそうですよ?

魂には恋人も家族も娘も息子も男の親友も、性別も関係なく入れ替わり立ち替わり、様々な愛の形を学ぶそうです。

もしかしたら、ハッピーエンドにならないかも、と思えるくらい、その彼女が好きでたまらないんだと思います。

お幸せに!

まるさん♂(2010/12/15)


みんとさん、まるさん、Fです。

励ましのお便りありがとうございます!!

ほんとにお2人とジョナサンに感謝です。

実はお二人からのメッセージをいただいた前後に

いろんなことがありました。

近いうちに改めてお便り致しますので、

もう少々お待ちくださいませ。

Fより。

Fさん♂(2010/12/15)


私はこれまでの人生で自分と似た人(ツインソウル)には会ったことがあります。ただ、本当の意味でのソウルメイトにはなかなか会えなかったのですが、今の彼氏は私の全てを見透かしているような人で、最初は怖かったのですが、だんだんと話していくうちに、彼は私と魂のレベルでとても良く似た二人だということが分かりました。

親との縁が希薄で、それにより陥った人間不信、自己犠牲の精神も似ています。年も同じなので、出会うまでにそれぞれ一人で苦しみ続けてきたという点も共通しています。一緒に居てとても心地良いと思うのが根底にあり、私が泣いたり色々と話をしたりしても、彼は壁のようになって、うん、うん、と話を聞いてくれます。

驚いたのが私の長年の親友(つらいことも一緒に乗り越えてきたかけがえのない女友達)と、彼がとてもよく似ていること(容姿、性格、考え方など)です。彼と親友はツインソウルではないかと思っています。私は彼とその親友のことを同じぐらい大事に思っています。

さりぃさん♀(2010/12/13)


この数年のうち何度かこちらに投稿しています。 Rとは留学先で知り合いました。初めてのデートで、Rが「死んだ人は天使になって 守ってくれている」と言ったとき、この人だ、、私の待っていたのはこの人だ!!!と雷に打たれたような衝撃でした。なぜなら私は主人を亡くしていて、そのことを信じ、支えにして生きているからです。Rとの間には信じられない確立の偶然やシンクロがたくさん起こり、それが今日まで彼がソウルメイトだと信じさせてくれています。

私が帰国する2週間前にRも大きな町に引っ越すことになり、最後に電話をくれました。そのときに「将来君にまた会う気がする」と言いました。そのときはもう付き合っているという感じではなかったので、メールや電話の約束もありませんでしたが、今は一時的に離れて、お互いがそれぞれの経験をしなくてはいけないときなのだ、と思いました。時期がくればいつか会えると。

しかし、今年こそ会えると思い月日はたち、7年目の去年の一月に7月7日、この日まで何もなかったらあきらめようと期限を設けました。携帯のスケジュールにRとの運命が決まる日とアラームをセットしました。そして去年の7月6日にfacebookを開くとなんとRからメールが来ていたのです!! びっくりして腰がぬけたように床に座り込んでしまいました。その時ppppと携帯のアラームが鳴ったのです。。何?と思いみてみるとRとの運命が決まる日。。と。。。すっかり忘れていたので二度びっくりしました。

8年前に出会ったとき、その前にひどい失恋をして荒れていた私、自分が傷つくような軽い行動をしていました。でももうこんなことやめよう、こんなこと望んでいない、今度出会う人が人生最後の人、その人は向こうから来てくれる、私が夜な夜なクラブに行かなくてもその人が私を見つけにきてくれる!と突然降ってきたように確信したことがあり、本当にその1週間後Rからコンタクトを取ってきてくれたんです。。

後で話を聞くと、お互いどこかで見かけてお互いにいいな、と思っていたのがわかりました。私はRをみたとき、かっこいいな、でも10歳は下だろうし、私なんて相手にされるわけない、と思った人でした。そんな風にいつかまた会えるだろうと信じていました。でも私が彼の国へ行くのではなく、彼が日本に来る、と思っていました。

先日間違えて彼の携帯にかけてしまっていたんです。気が付かなかったのですが、次の日彼から私だと知らずに電話が来たんです、国際電話なのに私の番号がでるの?も不思議だし、彼は日本にかけるようにしてはいなかったとのこと、***で始まる番号が彼の国のある地域と同じなのでそこの知り合いかとおもったとのこと。でもとにかく、その電話で彼が言いました。来年の4月に日本に行くんだと。はっきり会う約束はしていません。でもきっと会えるとわかっています。会っていない8年はつらいときもあった。でもその期間が必要だったのだと思う。もし3年まえに会っていたら食いついちゃって引かれたと思う。冷静になるための期間だったんだと思います。でもその間にいろんなシンクロや私にしかわからないサインが起こって、見えない何かが彼への思いをつなぎとめさせてくれていたんだと思います。感謝しています。

RasTさん♀(2010/11/23)


9年前に良い形で関係を完了したソウルメイトと、9年ぶりに自宅近所でバッタリ再会しました。お互いに気づかないフリをしてしまいましたが、元気そうな姿を見れて嬉しくなりました。今世では会わないと思ってたけど、「元気そうだね!」とお互いにテレパシーで会話できたような気もします。人生の転機の時に、ソウルメイトと偶然に会うとかって他の人達もよく起きる事なのかな?

カミーノさん♀(2010/11/18)


私は、一年半前ぐらいから、定期的に、ある俳優の方の夢をみるようになりました。とてもリアルな夢で、自分が発する声で起きてしまうこともあるほど印象深い夢でした。その俳優さんのことは、ずいぶんと年下ですし、恋愛対象にも思えていなかったのですが、その夢に出てくる回数が多くなって行くにつれ、気になり、最後はファンクラブに入る程、好きになってしまいました。

夢の内容はいつも予知夢的で、その方が交際宣言をメディア報道されていなくてもなんとなく事前に分かってしまっていた、ということもありました。あるバラエティ番組に出ていた時、なんとなくみていたら、私と性格がかなり似通っている部分があることを発見した時、やっぱりこの人はソウルメイトなのではないかと思いました。

前世でもある国でご一緒していたようで、前世回帰CDで実験したところ、それらしいヴィジョンがでてきて、自分でも思ってみなかった風景や状況がでてきて、その人のお世話係の一人であったり、私の結婚生活を覗かれていたこともあったりと、実に不思議なご縁があったことも判明しました。まだ、今世で完全に知り合いという形でお会いしたことはないのでお互いをソウルメイトと認識はしあえていないのですけれどね。それと、一子相伝の占い、西洋占星術などで見てみると、68億人いる地球上で巡り会えたのは奇跡で、非の打ち所のない最高の相性とまででてしまい、正直驚いています。これから、どういう展開になるのかは不明ですが、私にも家庭があり、その方も家庭があるので、恋愛にはならないと思うのですが、夢でよくお逢いするし、奥様(この方も有名な方)のことは生霊で見てしまったこともあります。これからどうなるのか、本当に自分でもワクワクするような、不思議な気持ちでおります。

エターナルさん♀(2010/11/7)


先日、6年ぶりにソウルメイトに逢うことができました!彼は私が短期で勤めた銀行のオフィイスで部署が隣り合わせで知り合ったフランス人のスタッフのかたからプライベイトに紹介されたお友達でした。2,3年は友達付き合いしていましたが、自国に転勤後6年間親交を暖めてきました。知り合った頃の私は結婚を意識していましたが、お別れは彼の結婚を祝い愛で超越できました。何年経ってもなんだか家族に近い親近感が私の内にあります。しかし、そんな私と彼はお互いの年齢も定かでなく、恐らく惹かれあうのはお互いの明るいオーラや醸し立つエーテル体なのかもしれません。

rinkoさん♀(2010/11/7)


こんにちは。皆さんの投稿を読むうちに、ふとある人物を思い出したのでここに書かせていただきます。私には7年付き合った彼がいました。熱烈なカップルでしたが、遠距離恋愛になって彼が浮気をし、別れてしまいました。彼と別れてから7年たった今年、ある日突然「彼は不治の病で病院に寝ているのでは」というビジョンが浮かびました。音信不通になって久しく周囲の友人も彼が今どうしていいるのか知る人は誰もいません。こんな考えは馬鹿げているとすぐにビジョンを打ち消しました。そこから数ヵ月後、彼が夢に出てくるようになりました。内容は「やりなおしたい」という内容と私が彼の不誠実を問い直すというもの。「忘れたはずなのになぜ夢に見るのか・・・」と不思議に思っていたある日。彼と共通の友人からメールが。「貴方には知らせたほうがいいと思って。彼が亡くなった」と。。。

彼は癌と白血病で戦っていたそうです。私は愕然としました。突然浮かんだとんでもないビジョンや彼の夢。そして何より「私はこうなることを付き合っているときから知っていた」という感覚・・・。

私と彼は恋人としては別れてしまったけど、魂の深いところで縁のある存在だと感じていました。そして彼は今でも時々メッセージのようなものを送ってくると感じるのですが、その内容は「あの時君が建前やウソ無し、本気で自分のことを案じ、真実の言葉をぶつけてくれたこと。感謝しているよ。あの時自分には受け入れられなかった痛い言葉も、今なら真実だったとわかる。ありがとう。。。」というものです。 魂は時を超え、肉体を超えた時空の存在。私と彼は何度もの人生の中で、ある時は友人として、家族として、または隣人として関わってきたのかもしれません。そして、次の未来でもきっとどこかで出会うのでしょう。

ソウルメイトは恋人や伴侶だなんて、とても狭い定義だと思います。人生に深い意味を与える存在(たとえそれが反面教師的な出来事を含んでいても)は、すべて愛のあるソウルメイトだと感じています。

朱い花さん♀(2010/11/7)


 
     
 
ホーム | アストロ・ニュース | おすすめ図書 | 自己ヒーリング | 世界の謎 | 誕生日のことば | 夢診断 | ユリ・ゲラー | コンタクト
週間予報: 牡羊座 | 牡牛座 | 双子座 | 蟹座 | 獅子座 | 乙女座 | 天秤座 | 蠍座 | 射手座 | 山羊座 | 水瓶座 | 魚座
フォーラム: 人生を選択する赤ちゃん | 数字と時間の不思議 | 超能力と不思議体験 | 動物の超能力 | もう一人の自分 | 投稿する